家具付き賃貸の特徴を理解せよ

賃貸住宅の中には室内に家具や家電製品など一式をそろえている物件もあります。そのような物件を家具付き賃貸住宅とも呼びます。このような住まいに住むにはそれなりの特徴を理解しないとなりません。まずこの家具や家電製品などを揃えてる賃貸物件の場合は借主の立場からすれば最初から揃えてくれるので自分で用意しなくてもいいというメリットがあります。それに関連して引っ越し業者などに沢山の荷物を依頼しなくても済みます。一方で貸主の立場からすればわざわざ家電製品や家具を用意してる場合は借主に早く来てほしいというラブコールの1つと言えます。しかしこれら家具や家電製品を用意するには沢山の投資が必要となります。それを普通のアパートと同じ金額で提供してたのでは赤字経営で倒れてしまいかねません。その為これら投資額を回収するために家具なしアパートの相場よりも上乗せしないとやっていけなくなります。ということは毎月の家賃は高くなるということになります。

家具付き賃貸住宅は短期滞在向けに向いている

アパートの中には家具付き賃貸住宅があります。そのような賃貸物件はタンスやクローゼットだけでなく、冷蔵庫やテレビなどの家電製品まで用意してくれたりします。そんな家具や家電を揃えてるこのような賃貸住まいでもっともよく目立つ住まいはウイークリーやマンスリーといった1年以内の滞在を前提とした住まいが多くなっています。このような1年以内の滞在を前提としている住まいの特徴はこれら家具や家電製品を揃えてるけど、その分家賃が高くなるということです。しかしそれでも借りる場合のメリットは自分でこれら家具や家電製品などを買わなくていいこと、そして引越しするときの手間がかかりにくくなることです。その為このような住まいに適してる借主は例えばすでに持家があるにもかかわらず、単身赴任で1年だけ暮らさなければならないとか、住所を転々と短期的に頻繁に引っ越しをする人に向いています。なぜならわずかな単身赴任のために家具を買うのは馬鹿らしいし、転々と短期的に頻繁に引っ越しする人は荷物が多くなるほど足手まといになるからです。

家具付き賃貸のアパート、助かりました

初めて地方から東京に引越した時に家具付き賃貸アパートに住みました。付いていたのはタンスなどの収納とベッドでした。女子学生を対象にしたアパートでしたから綺麗に使われていたようで気持ち良く住む事が出来ました。引越しの時は衣類と簡単な身の回りのものだけを運ぶだけで簡単に済みましたし、引越した先でも買い増しするものが家電だけで済んだので楽でした。タンスや棚などを買うのは女性には大変な事ですし、お金もかかりますし、新しい土地ではまだどこにお店があるかもわからないので家具がついているのは本当に助かりました。こういう物件が増えたら学生はもちろんの事、女性や年配の方も引越しが楽になります。ただ、やはり人から借りている事を意識して大切に使わないとならないので扱い方には気を遣いましたが、使っていて自然に壊れてしまった物に関しては弁償の必要は無かったでした。