家具付き賃貸のメリット・デメリット

家具付き賃貸という物件がありますが、やはりメリット・デメリットがあります。まずメリットですが、とにかく初めて1人暮らしをスタートする方には大変助かる物件です。大学の4年間だけとか、単身赴任等だと、せっかく家具・家電を買っても期間が終ると必要なくなり処分も大変だからです。また、急な転勤等で引っ越す場合にも、家具・家電が揃っているのですぐに生活が出来ますし、荷物が少なくてすむので、面倒な荷造りや引っ越しが簡単に出来ます。次にデメリットですが、物件によっては新品ではないことがあります。当然機種は選べないので、型が少し古い、ベッドやテーブル、テレビ画面が希望のサイズではない等の問題があります。また、模様替えがしたくなっても、お気に入りの家具を見つけても、変えられないし、動かせないし、置くスペースがあまりありません。

家具付き賃貸に住む利点

家具付き賃貸は、荷物一つで気軽に引っ越しが出来るため、学生や若い人に人気の物件です。多くの場合、家具だけでなく、食器などの生活必要類の小物や洗濯機などの家電なども用意されているため、初期費用が大幅に抑えられるのがポイントです。また、家具付きの部屋は現在は通常の家賃より、だいたい5千円くらい高い金額になりますが、学生の時だけ住んだり、また研修や短期出向などで数ヶ月住むだけであれば、引っ越し代などの出費も大幅に減らせますし、家具を処分する手間も省けます。部屋の雰囲気が既に完成しているため、インテリアを選ぶ苦労もないので、部屋に対して大きくこだわりを持っていない人にはもってこいの物件となっています。しかし、家具家電は部屋よりも汚れ易く壊れ易いので注意が必要です。特に電子レンジの天板や洗濯機、クローゼットなど、日常的に使う部分は気をつけていないとすぐに汚れ、塗装がはがれたりホコリが溜まったりします。退去のときに敷金が引かれる可能性があるので、綺麗に大切に生活するようこころがけましょう。

家具付き賃貸のメリット

家具付き賃貸のメリットは、貸主にも借主にもメリットがあります。では、どういったメリットがあるのか考えてみることにします。まずは、賃貸アパートや賃貸マンションを所有しているオーナーである貸主の立場からのメリットを考えてみます。それは、他の賃貸物件と差別化を図ることができて、賃料を高めに設定出来ることです。つまり、家具付きという付加価値がある分、それだけ賃料を高めに設定が出来るわけです。また、家具は税金の面でも優遇されます。家具は短期間で減価償却費を行っていけるので、毎年多く減価償却費を経費として計上することが出来るため、その分所得税を減らすことが出来ます。一方、借主の立場でのメリットを考えてみます。こちらは、家具を自分で用意しなくても日常生活が出来る家具一式が揃っているので、すぐに生活を始めることが出来るメリットがあります。また、引越しの際に家具を持っていかなくて済みますので、引越し費用が少なく済みます。